fc2ブログ

府内高校 情報局

大分の私立通信制高校、府内高校の情報ブログです。 府内高校に関する情報発信、近況等お知らせしていきます。

電動キックボード及び救急救命の「救命」に係る各講話が実施されました!!! 

 

電動キックボード及び「救命」の各講話を実施!

①「電動キックボード」の使い方
 ・日  時:令和5年9月12日(火)10:15~11:45
 ・場  所:校内401、501教室
 ・講  師:田部モータース(竹田市)2名、大分県警1名(他、4名聴講)
 ・試乗体験:本校生徒4名
 ・報道取材:NHK、TOS、OAB

電動KB(講話)
【田部モータース統括部長:三浦氏、フロント:赤﨑氏の講話】

電動KB(試乗)【生徒による試乗】
〔生徒の感想~抜粋~〕
 ・電動キックボードを初めて知った
 ・運転免許が必要ないことを初めて知った
 ・気軽な乗り物ほど注意が必要と思った
 ・早く16歳になりたい・・・・・など



②「救命」の大切さ
 ・日  時:令和5年9月13日(水)10:15~11:00
 ・場  所:校内401教室
 ・講  師:大分中央消防署1名
救命講話
  【大分市消防局消防司令:三代氏の講話が終了後の生徒謝辞の様子】

〔生徒の感想~抜粋~〕
 ・(1年女子)呼吸、人の命、出血、平均到着時間8分、 救急車を大切に!
 ・(3年女子)応急手当、心肺蘇生とAED、応急措置、救急車を大切に!


 ~ 両講話を終えて(校長先生から感想) ~
〔講話①について〕
 ・この講話はとにかく早くやりたかったです
 ・現在、全国各地でこのキックボードによる人身事故が絶えません
 ・本校生も、いつかこのキックボードに乗る時がくるかも知れません
 ・その時は、今日の講話を思い出して欲しいです
 ・「人の命の大切さ」を常々考えていきましょう
 ・今回、この講話に大分県警から4名の方が聴講に来ていただきました
 ・生徒への情報提供が、とてもタイムリーな講話になりました
〔講話②について〕
 ・大分市の救急車の台数:13台
 ・令和4年度の救急車出動回数:21、800件(救急でないものもある)
 ・平均到着時間:約8分
 ・大分市消防局の大変なご苦労がうかがえます
 ・その点からも、「救急車を大切に使う」事が大切と思いました


2つの講話を通して感じた事は、やはり「人間の命の大切さ」です
今後、日本も益々便利になるでしょう
その便利さを生む道具作りは、やはり人間の力・英知です
「人の命」を乗せる電動キックボード、
そして、「救命」のために人を乗せる救急車
どちらも我々の生活には必要なもの、必須なものです
でも、その使い方次第で人間の命を脅かします
電動キックボードも救急車も決められたルールを守りながら、大切に、感謝し
ながら使う我々の心掛けが重要ですね
各講師の方々本校生徒のために講話を頂き、本当に有難うございました


スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top